彦根市S様邸

アンティークで、落ち着きのある外観です。
周囲の環境に溶け込んでいます。

1階の床は杉材を使用しています。
温かみがあって、視覚的にも癒されます。写真正面の壁紙はお子さんの身長が測れます。

リビング横には和室と仏間があります。

仏間の扉は、軸回しになっていて扉が左右の壁に収納出来ます。

二階には書斎コーナーを設けました。
落ち着いた空間になっています。

米原市T様邸

白い鋼板の外壁にアクセントで木目柄のサイディングを合わせました。

玄関には下駄箱を置かず、広く使える玄関収納を作って圧迫感を無くしています。

リビングは一部天井を上げて、梁を見せました。広く感じます。
日差しとエアコンの風がよく当たる位置に物干しを付けました。

和室はリビングの一部になったり、個室になったり変化出来ます。
普段は広く使えます。

対面キッチンで、ダイニングからリビングまで見渡せます。

二階の主寝室は広くとって、将来2部屋に区切る事が可能なように考えています。